ソネット光プラスの電話とは?固定電話も利用できる?

ネットの豆知識

スマホやケータイが当たり前になっても固定電話は便利に使えるものなのでご利用中の人も多いのではないでしょうか。インターネット回線をソネット光プラスに変えた場合に使っている固定電話がどうなるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。もしくは、ソネット光プラスが用意している「So-net光 電話」がどういうサービスなのか気になっている人もいるかと思います。

こういった疑問や不安が色々あるかと思います。この疑問や不安を解消するためにソネット光プラスの電話や固定電話について紹介していきます。

So-net光 電話で通話料がお得に

このSo-net光 電話は、ソネット光プラスの光回線のインターネット契約をしている人ならオプションとして誰でも使うことができるIP電話(光電話)になります。そもそもこの光電話ってご存知ですか?光電話とは、インターネットで電話番号等を使って音声を送り合い通話をする新たな電話形態になります。特徴としては、使用しているケーブルの違いになります。

従来の電話回線を簡単に説明しますと、電柱から宅内に電話線を引き込み電話機へと繋いでいました。光電話の場合ですと、インターネット回線を電話機に繋ぐわけです。つまり電話回線が要らなくなるわけです。

So-net光 電話のメリット・デメリット

一番のメリットは、固定電話に比べて月額利用料や通話料が安いという点になります。固定電話から光電話に変えるのですから、安くないと意味がないですよね!光電話の通話料として3分8円となっています。それに比べ固定電話の場合は、3分8.5円ですので差としてわずかになります。あまり変わらないじゃん!と言われそうですが、実は距離の問題が存在します。

固定電話は、距離が離れれば通話料が高くなりますが、光電話ですと距離は関係ありません。光電話は3分8円が変わりません。頻繁に電話する場合や遠距離で電話をする場合は、固定電話は高くなり、差としてはわずかだとしても塵積で差が開いていくわけです。

  固定電話
(加入電話)
基本プラン
月額利用料 1,450円から1,950円
(地域とプッシュ式かダイヤル式かによる)

500円/月(税抜き)

通話料 固定電話同士(市内) 8.5円で3分

距離に関係なく日本全国一律

8円/3分
固定電話同士
(市外 – 20Kmまで)
10円で90秒
固定電話同士
(20 – 60Kmまで)
10円で60秒
固定電話同士
(60Km以上)
10円で45秒

ソネット光プラスの光電話は、月額利用料は月々なんと500円!そして通話料は全国一律8円/3分間です。この光電話ですが、2つのプランを選ぶことができます。

  月額利用料 月額利用料に含まれる不可サービス

基本プラン

500円/月

なし

セットプラン

1,500円/月

月額利用料に480円分の通話が含まれています。※余った通話分は、翌月に繰越可能です。ただし、当該翌月までに使い切れない場合は失効します。
以下の6つの機能もすべて含まれます。

  • 発信者番号表示サービス:電話に出る前にかけてきた相手の電話番号がわかります。(400円/月)
  • ナンバー・リクエスト:電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に「番号を通知してかけ直すよう」音声で伝えます。(200円/月)
  • 通話中着信サービス:カンタン操作で、お話し中にかかってきた電話とお話ができます。(300円/月)
  • 着信転送サービス:So-net光 電話にかかってきた電話を携帯電話等に転送できます。(500円/月)
  • 着信拒否サービス:しつこい迷惑電話をシャットアウトします。(200円/月)
  • 着信お知らせメール:電話がかかってきたことを携帯電話等へメールでお知らせします。(100円/月)
  • FAXお知らせメール:FAXが届いたことを携帯電話等へメールでお知らせします。(100円/月)
  • マイナンバー:契約番号+追加4番号で、最大5番号まで利用可能です。(100円/月)
  • ダブルチャンネル:最大2チャンネルでの同時通話が可能です。(200円/月)

詳細についてもっと知りたい人はSo-net光プラスの公式サイトにあるオプション一覧を確認してください。

So-net光 電話のメリット

  • 距離関係なくどこへかけても値段が変わらない
  • 通話料が安い
  • 支払先をまとめられる

So-net光 電話のデメリット

光電話にもやはりデメリットが存在しています。

  • 停電時に利用ができない

これは当然といえば当然ですが、インターネット回線が停電で切れますと電話が利用できなくなります。これは固定電話も同様で、コンセントから電源を使用している電話機ですと条件は同じになります。

今まで使っていた電話番号が使える

これも疑問や不安のひとつですよね。光電話にしたときに今までの電話番号を引き継げるのか?結論からいいますと、NTT一般加入電話番号をお持ちの場合、今現在使用している電話番号はもちろん電話機もそのまま使うことができます。

手続き方法

NTT回線は利用休止に

光電話で同じ電話番号を使うためにはNTT加入権を休止にする必要があります。手続きに関してはソネットがおこなってくれます。その際の手数料として2,000円(税抜)がかかってきます。

東日本と西日本では条件が違いますが、東日本の場合ですと5年毎に更新が必要となり10年間更新がありませんと失効してしまいます。もちろん加入権の復活の手続きもできますので安心してください。こちらはNTTへ連絡して復活の手続きをおこなう必要があります。

まとめ

使っていた固定電話の番号を引き継ぎながら、月額利用料や通話料を安くすることができます。ぜひこの機会にソネット光プラスの光電話を検討することをおすすめします。光電話を利用することで安くなるのもおすすめポイントですが、ソネット光プラスには、もうひとつおすすめポイントがあります。

それは、キャッシュバックの金額が高いことです。せっかく光回線と光電話を契約するならキャッシュバックが貰えるところにしてお得に使えたほうがいいですよね!キャッシュバックの金額も併せて検討してみてください。

So-net光キャッシュバックランキング
1
ソネット光プラストラスト
キャッシュバックポイント
  • 業界トップクラスの高額キャッシュバック
  • 受取りは開通6ヶ月後振込
  • オプション加入条件なしのキャッシュバックもあり
2
代理店名:ライフサポート
キャッシュバック

最大:52,000

ソネット光プラスライフサポート
キャッシュバックポイント
  • 戸建・マンション申し込みでキャッシュバック金額が異なる
  • 受取り時期は不明
ソネット光BIGUP
キャッシュバックポイント
  • 8ヶ月縛りの条件にてキャッシュバック
  • 受取りは開通月から約4ヶ月後