ソフトバンクエアーはやばい?メリット・デメリットを暴露!

失敗しない乗り換え術

自宅にてインターネットする場合は、普通、光回線やADSLといった固定回線を引くのが基本になります。ですが、その工事が困難であったり煩わし思え、無線(wi-fi)でと考える人もいるかと思います。

無線のルーターは、そもそも持ち運びをするユーザーを想定して作られています。そのため、自宅で動画をたくさん見るユーザー増えると回線そのものがパンクしてしまいます。インターネットでこの回線が混雑する問題はいつも話題になりますが、当然といえば当然です。

モバイルルーターは工事不要なので、とても重宝するけど、速度制限が付いているので満足に使えません。

そして、固定回線を引こうとしても賃貸なので工事が出来なかったり、光回線自体がエリア外になるので入れたくても入れれないそういう人に向けたサービスがソフトバンクエアーになります。

そこで、今回はソフトバンクエアーのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

ソフトバンクエアーとは?メリットとデメリットを解説

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、回線工事が全く必要がなく、機器置いてACアダプターを繋げるだけでインターネットに繋がります。電源を入れれば、wi-fi環境が構築出来るなんて簡単ですね。

ちなみに通信速度としては、下りが最大962Mbps(一部地域のみ対応)になります。利用環境によって変わってくると思いますが、自宅回線用としては、ある程度快適なネット環境といえます。

ソフトバンクエアーのプレミアムプランとスタンダードプラン

ソフトバンクエアーには、2つのプランが存在します。プレミアムプランは、スタンダードプランに加えて下記の特典が付いてきます。

  • ソフトバンクエアー機器の補償
  • yahooショッピングプレミアム会員(Tポイント10倍)
  • yahooボックス(クラウドストレージ)50GBが100GBに
  • GYAO!で映画、ドラマ等見放題

重要な特典として機器の補償かと思います。ソフトバンクエアーの機器の端末価格は、税込で40,800円します。

もし万が一、壊してしまったらその分が負担になります。プレミアムプランで契約しておくと、落雷や水濡れ、盗難の被害にあったとしても補償してくれます。

盗難はなかなかないにしても、気をつけなければいけないのは、落雷と水濡れになります。電子機器は水に弱いので、水に濡れたら当然壊れます。

そして特に気をつけたいのが、落雷です。落雷により電子機器が壊れることはよくあります。特典豊富なプレミアムプランですが、スタンダードプラン比べても月額料金がわずか200円しか変わりません。200円で安心を買えると思えば、このプレミアムプランはおすすめといえるのではないでしょうか。

ソフトバンクエアーの機器の分割とレンタル

機器を分割で購入するのか、レンタルするかを選ぶことができます。

レンタルの方を選びますと毎月の料金が高くなります。といいますのも、分割で購入した場合ですと、ソフトバンクの月月割が適用されるため、途中解約しないという条件にはなりますが、実質機器にかかる負担は0円になります。

支払い期間としては、36カ月になりますので、その期間を使い切るつもりで契約したほうが分割購入の方がお得になります。ですが、分割購入した場合は、支払いが残っている状態で解約しますと分割の残金を支払う必要がありますのでご注意ください。

ソフトバンクエアーの違約金や解除料

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクのスマホと同じように期間が2年間で自動更新となります。1月に機器が届き料金が発生した場合を想定しますと、1月を起点に24カ月後の12月(丸2年の前月)が更新月になります。ですので、その月に解約しないと9,500円の解除料が掛かってきます。

そして、プレミアムプランの場合ですと、このオプションも2年ごとの自動更新になります。同じく解除料金の3,000円が発生します。

機器のレンタルプランの場合、月額490円のレンタル料が掛かりますが、解約時に費用が発生しないので解約月なら0円になり、解約月以外でも9,500円(プレミアムの場合さらに3,000円)が掛かりますが解約することが出来ます。

長く使うか分からない場合や試しにという場合の人は、多少高くてもレンタルがおすすめになります。

ソフトバンクエアーのメリットは?

ソフトバンクエアーを契約するメリットは?またデメリットは?気になると思います。先ずは、ソフトバンクエアーのメリットからご紹介していきます。

ソフトバンクエアーのメリット①:面倒な工事不要

工事が必要ないというのは、大きなメリットになります。これは多くの人にとって魅力的なポイントであり、ソフトバンクエアーが人気となる大きな理由でもあるといえるでしょう。

工事が必要ないので、申込をして機器が届き次第(2〜3日程度)でインターネットを利用することができます。工事が必要な光回線は、早くても2週間程度は掛かってきます。

また、光回線は屋内工事もおこないますので、立ち合いが必要になってきますが、ソフトバンクエアーは必要はありません。

ソフトバンクエアーのメリット②:設定不要でWi-Fi

ソフトバンクエアーのもう一つの大きなメリットとして、無線であるというのがあります。

インターネットの初期設定が不要になり、Wi-Fiの設定が不要なので、初心者にとって優しいメリットになります。光回線は、契約して工事が完了してもすぐにインターネットに繋ぐことが出来ません。

インターネットの初期設定が必要になるからです。また、自宅でWi-Fiが使いたいとしても、オプションで無線LANを契約するか、自分でWi-Fi対応のルーターを用意する必要があります。

ソフトバンクエアーの場合は、電源を入れるだけでWi-Fiが使える状態になりますので、後はパスワードを入力するだけでインターネットが利用できます。

ソフトバンクエアーのメリット③:通信制限がない

ネット回線を導入するなら、通信制限の有無は気になるところ。ポケットWifiなどではデータ容量無制限のプランに加入しないと、通信制限が発生してしまいます。

せっかくWifiサービスと契約するなら、通信制限のないサービスを選びたいですよね。

ソフトバンクエアーは定額料金で、通信制限はありません。自宅で動画やネットサーフィンを思う存分楽しむことができます。ソフトバンクエアーを利用する方は、この通信制限なしにも魅力を感じているようです。

ソフトバンクエアーのメリット④:「おうち割 光セット」でスマホ等の料金が1,000円割引に!

ソフトバンクエアーとソフトバンクキャリアの端末(スマホ・タブレット・ケータイ)をセットで利用する際に適応されるのが、「おうち割 光セット」です。こちらの割引キャンペーンでは、毎月1,000円がスマホ料金から割引されます。

ポイントは、割引の対象が契約者の家族まで適応されるということ。例えば、4人家族の場合月額で4,000円(1,000円×4人)の割引。年間で計算すると48,000円(4,000円×12ヵ月)もお得になります。ソフトバンクキャリアの端末を利用している方はぜひとも利用したい割引キャンペーンです。

ソフトバンクエアーのメリット⑤:キャッシュバックキャンペーンでお得に!

最後に、SoftBank Airで利用できるキャッシュバックキャンペーンについてご紹介します。SoftBank Airでのキャッシュバックを展開しているのが、家電量販店と正規の代理店です。

家電量販店のキャッシュバック

家電量販店ではソフトバンクエアーのキャッシュバックキャンペーンを不定期で開催しています。キャンペーンの内容も店舗によってさまざまなで、同店で使えるポイントの還元サービスが多いようです。

家電量販店でのキャッシュバックを利用する場合は、複数の店舗を訪れてもっともお得なものを選んでみましょう。

正規代理店でのキャッシュバック

ソフトバンクエアーのキャッシュバックキャンペーンの中でも魅力的なのが、正規代理店によるものです。例えば、ソフトバンクエアーの正規代理店であるポケットモバイルでは、新規に回線に申し込んだ方を対象に20,000円のキャッシュバックを展開しています。指定オプションに加入した場合はキャッシュバック額が30,000円に増額。

また、ソフトバンクエアーへの新規加入者を紹介した場合は、紹介キャッシュバックとして10,000円が贈呈されます。さらに、2名紹介した場合は追加で10,000円が追加され、最大30,000円(10,000×2名+追加10,000円)を受け取れることになります。

ソフトバンクエアーでの契約を迷われているなら、正規代理店での契約も検討してみましょう!

ソフトバンクエアーのデメリットは?

次は、ソフトバンクエアーのデメリットについてご紹介していきます。

ソフトバンクエアーのデメリット①:回線が無線の為、安定しない場合がある

ソフトバンクエアーを始めとして、無線は有線と比べて回線が安定しないというデメリットが発生します。特に電波環境が悪い場所になりますと回線が不安定になることが多くあり、速度が遅くなる可能性があります。

ですが、有線だからといっても必ず安定しているわけではありませんので、安定性で劣っているとはいい切れないところがあります。

※使ってみて電波が悪い場合には、初期契約解除制度に基づき8日間以内であれば契約の取り消しを行うことが可能になります。すぐに解約手続き(電話)をすることで、違約金等が不要で解約することが出来るので安心かと思います。

ソフトバンクエアーのデメリット②:自宅がエリア対応していないと使用できない

ソフトバンクエアーの次のデメリットとして、エリアによって使用環境に差がある点があげられます。自宅がエリアに対応していないと、ソフトバンクエアーを利用することができません。

契約前には、一度公式サイトやソフトバンクショップなどで自宅の通信環境を確認しておくと良いでしょう。またソフトバンクエアーでは現在、下り最大速度481Mbpsで利用することができますが、こちらもエリアによっては対応していないことがあります。

自宅の通信速度はソフトバンクの公式サイトからも確認できるので、一度チェックしておきましょう。

ソフトバンクエアーのデメリット③:時間帯によって速度が遅くなることも

使用環境とあわせて注意しておきたいのが、時間帯です。ソフトバンクエアーはソフトバンクのモバイル回線を使用していることから、時間帯によっては通信速度が遅くなることがあります。

とくに夜間は回線を利用する人が多いことから、通信速度が遅いと感じる人が多いようです。常時安定してネット回線を利用したい場合は、自宅エリアの使用状況をあらかじめ店舗等で確認しておくと良いでしょう。

ソフトバンクエアーのデメリット④:持ち運びができない

持ち運びができない点も、ソフトバンクエアーのデメリットです。自宅のコンセントにAirターミナルを差し込んで通信するソフトバンクエアーは、屋外では使用することができません。

自宅の外でもたっぷり動画を視聴したい方や、外での仕事にネット回線が必要な方はポケットWifiの方が良いでしょう。

ソフトバンクエアーのメリット・デメリットについてのまとめ

ソフトバンクエアーは工事不要で電源さえあれば、どこでもインターネットに繋ぐことが出来ます。ですが、あくまで固定回線という扱いになるため契約した住所でしか使うことが出来ないようになっています。

ソフトバンクエアーは、モバイル回線としてではなく、扱いとしては光回線やADSLといった固定回線になります。

  • 立地といった環境の問題で光回線が難しい人
  • 引っ越しが多いので工事が煩わしい人
  • 女性なので工事業者に家に入られたくない人
  • 自宅でWi-Fiを使いたいけど設定方法がよくわからない人
  • ソフトバンクのスマホユーザー

該当する人におすすめです。

SoftBank Airキャッシュバックランキング
1
代理店名:ポケットモバイル
キャッシュバック

最大:78,000

ソフトバンク光ポケットモバイル
キャッシュバックポイント
  • 業界トップクラスの高額キャッシュバック
  • 受取りは最短で開通確認後翌月振込
  • ムダなオプション加入条件なし
ソフトバンク光yahoo
キャッシュバックポイント
  • 一定期間の契約継続の条件にてキャッシュバック
  • 受取りは開通月から4ヶ月後
3
代理店名:ネットモバイル
キャッシュバック

最大:15,000

ソフトバンクエアーネットモバイル
キャッシュバックポイント
  • 12ヶ月縛りの条件にてキャッシュバック
  • 受取りは開通月を含み約2ヶ月後