Softbank Airのターミナル4は今までとどこが違う?

ネットの豆知識

Softbank Air(ソフトバンクエアー)を利用するための通信機器「Airターミナル」。その最新機種となるターミナル4が2019年3月にリリースされました!

Softbank Airと言えば、面倒な回線工事不要でネット回線を利用できる人気のサービスですが、最新機種ではさらなる利便性向上を目指して機能のグレードアップが図られているようです。

今回は、ターミナル4とターミナル3のスペックを比較しながら、最新機種の性能に迫ってみましょう!

Softbank Airとは?

Softbank Air(ソフトバンクエアー)は、ソフトバンクが提供しているインターネットサービスです。特徴は、面倒な回線工事が不要で手軽にネット回線を利用できるということ。

光回線などのサービスでは、自宅でサービスを利用するための回線工事が必須ですが、Softbank Airでは専用機器「ターミナル」を設置しコンセントに差し込むだけで、手軽にネット通信が行えます。

ターミナル4はユーザー待望の最新機種!

今回新たにリリースされた「ターミナル4」は、ユーザー待望の最新機種。これまでターミナルシリーズは、新機種がリリースされるごとにバージョンアップが図られ、サービスの利便性向上に貢献してきました。

とくに毎回施される通信速度の向上はユーザーからの評価も高く、今回のターミナル4でも大きな目玉となっています。

ターミナル4とターミナル3のスペックを比較

ここからは、Softbank Airの最新機種ターミナル4と、前機種ターミナル3のスペックを比較していきましょう。

1.通信速度

まず、ターミナル4で大幅に進化したのが通信速度です。

  • ターミナル4:下り最大962Mbps
  • ターミナル3:下り最大350Mbps

ターミナル4の下り最大速度は、962Mbps。ターミナル3では350Mbpsだったので、単純計算でも2.7倍以上の通信速度となっています。1Gbps=1,000Mbpsであることを考えると、ほぼ1ギガのスペックを有していることになります。

光回線の定番「光コラボ」サービスの通信速度が最大1Gbpsであることを考えると、ターミナル4はほぼ光回線並みの速度と呼ぶことができるでしょう。

2.Wifiの通信機能

ターミナル4では、wifiの通信機能も向上しています。

ターミナル3と4のスペック表を見て見ると、どちらにも「IEEE 802.11a/b/g/n/ac」と表記されています。これは、11a~acまでの5種類(11a/b/g/n/ac)の周波数帯に対応しているという意味。wifiでは11acがもっとも快適に通信できる周波数帯(5GHzに対応している)とされていますが、どちらの機種もこの周波数帯を利用できることが分かります。

  • ターミナル4(wifi):最大1.3Gbps
  • ターミナル3(wifi):最大866Mbps

違いがあるのは、最大通信速度の部分。ターミナル3では866Mbpsだったのに対し、ターミナル4では1.3Gbps(=1,300Mbps)へと性能がアップしています。従来よりもwifiの通信機能が向上していることになり、より快適な通信環境が提供されています。

3.本体サイズ・重さ

  • ターミナル4:約 225x103x103mm(HxWxD)・約635g
  • ターミナル3:約 208x95x95mm(HxWxD)・約550g

ターミナル4は、ターミナル3に比べて本体のサイズが数ミリ程度大きくなっています。重量も85gアップしており、ほんの少し重くなっているようです。

ただ、ターミナル3から大幅な変化はなく、これまで通りお部屋の中に置くには丁度いいサイズ感をキープしていると言えるでしょう。

対応エリアはまだ限定的

従来までのターミナル3よりも、高速の通信を可能にしてくれるターミナル4ですが、2019年3月にリリースされたばかりとあって、まだ対応エリアは限定的です。

  • 東京都:千代田区、中央区、台東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、八王子市、昭島市、町田市、日野市の一部
  • 千葉県:船橋市の一部

2019年の7月現在では上記のエリアのみでの提供となっていますが、今後も順次エリアは拡大される見込み。スペックの面ではターミナル4が圧倒的に優れているだけに、未対応エリアのお住いの方はエリア対応が待ち遠しいですね。

すでに対応エリアにお住いの方は、迷わずターミナル4を選んでおきましょう!

まとめ

今回はSoftbank Airの最新機種、ターミナル4についてご紹介しました。

ターミナル4は前機種のターミナル3に比べ、通信速度が劇的に向上しています。最大962Mbpsのスペックは光回線並みのスピードで、ネット通信がより快適なものになるでしょう。

サービスの対応エリアは限定的ですが、今後も順次拡大が見込まれています。すでに対応エリアに含まれている方は、いますぐターミナル4の導入を急ぎましょう!

SoftBank Airキャッシュバックランキング
1
代理店名:ポケットモバイル
キャッシュバック

最大:55,000

ソフトバンク光ポケットモバイル
キャッシュバックポイント
  • 業界トップクラスの高額キャッシュバック
  • 受取りは最短で開通確認後翌月振込
  • ムダなオプション加入条件なし
ソフトバンク光yahoo
キャッシュバックポイント
  • 一定期間の契約継続の条件にてキャッシュバック
  • 受取りは開通月から4ヶ月後
3
代理店名:ネットモバイル
キャッシュバック

最大:15,000

ソフトバンクエアーネットモバイル
キャッシュバックポイント
  • 12ヶ月縛りの条件にてキャッシュバック
  • 受取りは開通月を含み約2ヶ月後