次世代スマートホームサービス「MANOMA」のメリットデメリットまとめ

失敗しない乗り換え術

スマートホームというものをご存じですか?スマホや声で家電を操作できたり、遠隔で玄関の鍵を操作できたりするものを言います。これだけ聞くと次世代のもので新しい家でしか使えないようなイメージを持つかもしれないですが、今のお住まいのお使いの家電や鍵もそのままスマート家電として使うことができるんです。

ということで今回はソニーが提供している「MANOMA」とういうスマートホームサービスについて紹介します。

MANOMAとは?

まずはMANOMAとはなんなのか確認しましょう。「MANOMA」はソニーが提供するスマートホームサービスです。独自開発のAIホームゲートウェイと様々な機器を接続して今の家をそのままスマートホームにできるサービスです。

こちらのサイトではQrio Lockというオートロックシステムが使えるスマートロックプラン(D)というプランが申し込みできます。このプランではAIホームゲートウェイとQrio Lockが付属していて、自宅玄関を簡単にオートロック化できます。

また、スマートホームにはネット回線が必要不可欠ですが、このプランはnuroモバイル Home Wi-Fiという回線もセットになっているので、自宅に光回線などのネット環境がなくても工事不要ですぐ使えるようになります。

豊富な提供機器

先ほどのスマートロックプラン(D)ではAIホームゲートウェイとQrio Lockのみの付属ですが、MANOMAには様々な追加機器があります。

室内コミュニケーションカメラ

お子様がいる共働き世帯や、離れて暮らす高齢者がいる、ペットを飼っているご家庭におすすめの機器です。この室内カメラで家の中の様子をMANOMAアプリから離れた場所から見ることができます。ソニーの高感度センサー搭載なので、夜間電気がついていない暗い部屋でもきれいな映像が確認できます。

Qrio Smart Tag

バッグなどにつけられる小さいスマートタグです。スマホを持っていないお子様に持たせておき、このスマートタグとAIホームゲートウェイがBluetoothで接続されることで帰宅したことを検知し、MANOMAアプリにお子様の帰宅を知らせます。

タグについているボタンを長押しすることで、室内カメラの双方向通話機能が起動し、外にいる保護者と会話することもできます。また、このスマートタグを失くしやすい鍵などにつけておくと、アプリからこのタグを呼び出して小物を探すことができたり、スマホのシャッターボタンとしても使えるので、自撮りや撮りにくいアングルでの撮影がしやすくなります。

スマート家電リモコン

外出先や音声で家電を操作できるリモコンです。家にある赤外線リモコン(テレビ、エアコン、照明など)をひとつにまとめてスマホで操作できるようになります。WiFiに繋げて使用するので、出先からでも家電を操作できます。自宅に近づいたらエアコンを入れる、といったことも可能です。

温度、湿度センサーがついていて、アプリ上でお部屋の状況が見れるので、環境に応じて使うことで、帰宅したら快適な空間がお出迎えしてくれます。またこちらはAmazon Alexaを搭載していて、「アレクサ、テレビつけて」などと声をかけて家電操作ができます。お料理中で両手が離せないとき便利ですね。

開閉センサー

窓やドアとその枠にそれぞれセンサーを設置し、開閉を検知します。不在時にこのセンサーが作動すると、AIホームゲートウェイから大音量で警告音が流れると同時に、アプリに異常を知らせる通知が送られます。

このセンサーはマグネットの接近・離合を検知するもので、電源も内臓電池なので、面倒な配線は不要となっています。

MANOMAのデメリット

ここまでMANOMAの便利な機能や機器を紹介してきましたが、デメリットも確認しておきましょう。

不具合のリスクがある

MANOMAに限ったことではありませんが、電子機器には常に不具合の懸念があります。例えばQrio Lockの場合、うまく作動しないと玄関に近づいても開錠されないといったことが考えられます。アプリを使って開けることもできますが、それを試しても開かない場合はこれまでの通常の鍵を使って開けることになり、玄関前でもたついてしまいます。

不具合に関しては随時機器のアップデートで改善されているので、そこまで致命的なデメリットにはならないかと思います。

WiFiの速度が遅い

はじめに紹介したように、ここで紹介したサイトではnuro モバイル Home Wi-Fiという回線とセットになっています。この回線ですが、名前にモバイルと入っているように、ドコモ回線の格安SIMを使った携帯の電波を使ったネット回線になります。光回線と比べるとどうしても速度が劣ってしまうので、MANOMA機器以外にスマホなどで動画を見たりといった使用の場合読み込み速度が気になる可能性があります。

既に光回線などが引いてある家庭ではLANケーブルを繋いでルーターとして使うのがいいかもしれません。また、月間容量無制限ですが、3日間で10GB使用すると速度制限がかかる点も注意が必要です。

まとめ

  • 大がかりな工事をすることなくスマートホームに変身できる
  • オートロックで鍵の閉め忘れが防げる、外出先から家電操作できるので、テレビ、エアコンの消し忘れの心配は無くなる
  • 子供の在宅確認ができたり離れて暮らす高齢の家族の様子が見れる

便利なだけでなく、家の安全を見える化できるMANOMAでスマートライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

おすすめMANOMAサイト
販売店名:ポケットモバイル
キャッシュバック

最大:30,000

wifiルータポケットモバイル
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの高額キャッシュバック
  • 他社乗り換え違約金最大7万円キャッシュバック
  • Wi-Fiとスマートロックが使えて月額料金4,480円〜