MANOMAの料金プランを徹底解説!契約に失敗しないために

ネットの豆知識

MANOMAとは2018年10月にサービス開始された、Sonyが提供するスマートホームサービスです。

一言にMANOMAとは言っても、利用者のライフスタイルなどに合わせて、様々のプランがあります。その為、MANOMAの導入を検討しているが、どのプランが適しているのかわからず断念している方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方の為にライフスタイル別のMANOMAのオススメプランをまとめてみました。

プラン選びの参考にしてください。

MANOMAのプラン

MANOMAはライフスタイルに合わせて4つのプランがあります。

  • シンプルプラン
  • スタンダードプラン
  • スマートロックプラン
  • トータルプラン

各それぞれのプランの特徴をまとめましたので、プランを決める参考にしてください。

シンプルプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
・nuro モバイル Home Wi-Fi (M)
月額料金 ・1ヶ月目:無料
・2~19ヶ月目:3,980円
・20~37ヶ月目:6,480円
・38ヶ月目~:5,580円
キャンペーン(どちらか選択) ・最大7万円まで他社違約金負担
・10,000円キャッシュバック

室内コミュニケーションカメラを通して、外出先からお部屋の様子を確認が出来ます。

アプリとカメラを利用して家にいる家族との会話も可能で、お子さんやペットの見守りや防犯に役立ちます。

また室内カメラには人感センサーが搭載されており、侵入者を検知するとすぐにスマホへ通知し、必要であればその場でセコムを呼ぶことも可能となっています。

【こんな人にオススメ】

  • スマートホームをとりあえず始めたい方
  • お子さんやペットがいる方

スタンダードプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
・スマート家電リモコン
・nuro モバイル Home Wi-Fi (M)
月額料金 ・1ヶ月目:無料
・2~19ヶ月目:4,480円
・20~37ヶ月目:6,480円
・38ヶ月目~:5,580円
キャンペーン(どちらか選択) ・最大7万円まで他社違約金負担
・10,000円キャッシュバック

シンプルプランの機器に加え、スマート家電リモコンが付いているので、テレビやエアコンなどを音声やアプリで操作が出来るようになる為、リモコンが必要なくなります。

外出先でもインターネット経由で遠隔操作が可能なので暮らしが快適になります。

【こんな人にオススメ】

  • スマートホームをとりあえず始めたい方
  • お子さんやペットがいる方
  • 外出先から家電を操作したい方

スマートロックプラン(D)

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・Qrio Lock
・Qrio Hub
・nuro モバイル Home Wi-Fi (M)
月額料金 ・1ヶ月目:無料
・2~19ヶ月目:4,480円
・20~37ヶ月目:6,480円
・38ヶ月目~:5,580円
キャンペーン(どちらか選択) ・最大7万円まで他社違約金負担
・10,000円キャッシュバック

スマートロックプランではQrio Lock(後付けオートロック)を利用することで鍵を持ち歩かない生活が可能になります。

AIホームゲートウェイと連携することで鍵の自動開閉が可能なので、荷物で両手が塞がった状態でも鍵を探さなくていいので便利です。

アプリで簡単に合鍵作成も削除も出来るので、お金も工事も不要です。

また、スマホで遠隔での鍵の開閉や施錠確認が可能になるので、セキュリティ強化にもおすすめです。

さらにQrio Lockを設置することで『MANOMAEntrance』というサービスが利用可能に!

家事代行サービスを利用する際に鍵の開け閉めの操作をMANOMAが代わりに対応するサービスになります。

事前に登録した日時以外は鍵の開閉は行わないことに合わせてサービスの利用開始と終了はスマホのアプリに通知が来るので安心です。

【こんな人にオススメ】

  • 1人暮らしの方
  • セキュリティを強化したい方
  • 家事代行サービスを使用する予定がある方
  • 合鍵を複数用意する必要がある方

トータルプラン

提供機器 ・AIホームゲートウェイ
・室内コミュニケーションカメラ
・スマート家電リモコン
・Qrio Smart Tag
・Qrio Lock
・Qrio Hub
・開閉センサー
月額料金 ・1~3年目:4,980円
・4年目~:3,580円

トータルプランではMANOMAのほかのプランで利用できるすべての機器が利用できます。

自宅の家電が声だけで操作ができるようになったり、登録したスマホが玄関に近づくと自動で鍵の解錠、施錠を行ったりと今までにないスマートな生活が可能になります。

ただトータルプランには『nuro モバイル Home Wi-Fi (M)』が付いていない為、別途申し込むか、別のインターネット回線を契約する必要があります。

【こんな人にオススメ】

  • インターネットがすでに利用中でスマートホームを堪能したい方

MANOMAの解約時の注意点

MANOMAのすべてのプランはいつ辞めても解約金はかからないようになっています。

ただし、契約して37か月を超えていない場合は、機器料金の残額を請求されてしまいます。

その場合の支払い方法は、翌月一括のみとなってしまうので注意しましょう。

ですが、解約後も開閉センサー以外の機器に関しては使えるので、スマートホーム自体やめるということでなければ、解約時に残り機器代金を払うだけなのであまり考えすぎる必要はないかもしれません。

MANOMAのオプションサービス

セコム駆けつけサービス

自宅にいるお子さんや高齢の家族が心配なときに担当者が自宅に駆けつけたり、1人で帰宅するのが不安な時に担当者が一緒に 帰宅してくれたりといった心強いサポートをしてくれます。

1回30分の利用ごとに5,000円の料金かかりますが、月額料金は無料です。

通常のセコムでは毎月の月額料金がかかりますが、セコム駆 けつけサービスは利用した分だけの負担なので年間のコストを抑えることができます。

MANOMA 解決サポート

機器の設定などに困った場合に利用できるオプションになります。

電話口でオペレーターの方が遠隔で画面を見ながらサポートしてくれます。

月額料金は500円です。

※MONOMAと同時申込であれば最大3か月無料なので、設定するのが不安な方はとりあえず入っておいて必要がなかったら外す方が安心だと思います。

MANOMA 訪問サポート

解決サポートと同じく設定などに困った場合に利用できるオプションになります。

機器の設定などに困った場合に自宅に専門の担当者がお伺いし解決してくれるサポートです。

月額料金は0円ですが、利用する際に別途料金はかかります。

メニュー内容によって料金は様々です。

まとめ

SONYが提供するMANOMAはライフスタイルに合わせて4つのプランがあり、使いたい機能が付いているプランを選ぶといいでしょう。

また機器を追加するのが可能なので、より自宅に合わせてカスタマイズすることが可能になってます。

また個人的に一番オススメはスマートスピーカーをすでに持っている人であれば『スマートロックプラン(D)』。

スマートスピーカーを持っていなくて、電化製品のリモコンをまとめたい方であれば、『スタンダートプラン』がいいかと思います。

『スマートロックプラン(D)』であればドアを工事することなくオートロック機能を付けられるのでセキュリティを強化することも可能なのと、鍵を出すことなくドアを開けられるので外出時や帰宅時の煩わしさが減るのがオススメなポイントです。

少しでもMANOMAに興味が出た方は参考にしてみてください。

おすすめMANOMAサイト
販売店名:ポケットモバイル
キャッシュバック

最大:30,000

wifiルータポケットモバイル
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの高額キャッシュバック
  • 他社乗り換え違約金最大7万円キャッシュバック
  • Wi-Fiとスマートロックが使えて月額料金4,480円〜