フレッツ光って実際どうなの?今だから知りたいアレコレ

ネットの豆知識

知名度バツグンのフレッツ光ですが、実際はどうなのかと気になる人も多いかと思います。そこで、フレッツ光をお得に申し込む方法や注意する点などを併せて紹介します。

フレッツ光とは?

みなさんもご存知かと思いますが、フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供するサービスになります。当然ですが、インターネットをするためには回線が必要になってきます。

光回線が普及する前までは、アナログの電話線を使うことでインターネットを使っていました。動画や画像といった情報量の大きいデータがインターネットにどんどん上がるようになり、アナログ回線ですとストレスを感じることが多くなり快適にインターネットを利用するために、高速通信が可能な光ファイバーが普及しました。今ではADSLの回線をほとんど見る事はありません。

フレッツ光のメリットは?

光回線の速度は高速で、その速度が安定しています。ADSLのときの場合ですと、電話局と住んでいる場所の距離が遠くなればなるほど速度が落ちるということがありました。

フレッツ光は、速度が一定になりますので安心して使うことができます。安定した速度を求めている人におすすめになります。

また、自宅に直接光ファイバーのケーブルを引き込んでいきます。ですので、通信速度が周辺環境に左右されませんので、携帯電話のような電波が悪いような地域だとしても気にせずに使うことが可能になります。

また月額料金は、住んでいる建物が戸建てかマンションかにもよりますが、おおよそ4,000?6,000円ぐらいになりますので、あまり負担なくインターネットを使うことができます。

デメリットは?

家ではインターネットを使わなく、使うとしてもほぼ外出先でという人は、光回線は必要ないのかもしれません。

フレッツ光は、ご自宅に直接光ファイバーを引き込んで使いますので、外での使用には不向きかも知れません。ただし、フレッツ光に加入している人であれば月額300円の追加することで、外出先でインターネットが使えるモバイルルーターがレンタルできるサービスがあります。

また、普段あまりインターネットを使わないという人にとっては、光回線は不向きかもしれません。ですが、今では基本料金が安くなり、使った分だけ料金が加算されるフレッツ光ライトパックというのがありますので、検討の余地があるかと思います。

フレッツ光のサービスは?

気になる料金体系

フレッツ光に申し込むためには、光ファイバーの回線工事が必要になります。そのため、契約料と回線工事にかかる費用が初期費用として必要になります。

契約料800円+初期工事費18,000円

月額料金は、戸建てとマンションで異なってきます。戸建ての場合ですと一律料金ですが、マンションの場合はミニやプラン1、プラン2の3種類があります。ご自宅のマンションがどのプランに該当するかは、NTTがマンションごとの加入状況(見込みも含む)をみて決定します。

NTT東日本の料金

マンション ミニ
3,950円+プロバイダー料金
マンション プラン1
3,350円+プロバイダー料金
マンション プラン2
2,950円+プロバイダー料金
戸建て
4,600円+プロバイダー料金

NTT西日本の料金

マンション ミニ
3,420円+プロバイダー料金
マンション プラン1
2,930円+プロバイダー料金
マンション プラン2
2,530円+プロバイダー料金
戸建て
3,810円+プロバイダー料金

たまにしか使わない人

たまにしかインターネットを使わない人は月額2,200円から使えるライトプランを検討することをおすすめします。

一定の容量までは金額が固定してあり、それ以上の容量になったら料金が上がります。ですが、上限も決まっています。ライトプランの上限としては5,200円になり際限なく上がり続けることはありませんので安心です。

固定電話が安く

ひかり電話なので固定電話が安くなります。月額500円はかかりますが加入した場合、固定電話同士であれば全国一律で3分8円の低料金になります。

かつては距離が遠くなるほど電話料金が上がりましたが、ひかり電話の場合ですとそういったことを気にする必要がありません。

工事内容

フレッツ光に申し込みますと、回線工事となります。工事と聞きますと大事になるのかと思うかもしれませんが、やることは特にありません。全て工事の担当者がやってくれます。

工事としては、近くの電話線から光ファイバーを引き込み、だいたい1?2時間程度かかります。基本的には電話線の引き込み口から室内に入れていきますが、不可能な場合はエアコン用の穴から入れていきます。

まとめ

フレッツ光は安定した通信と1Gbpsという回線速度があり、そして何より光回線の対応地域の広さがあります。知らない回線を使うのは不安という人には、知名度バツグンのフレッツ光がおすすめです。