ドコモユーザーならドコモ光がさらにお得に!?ウルトラパックセット割がさらに割引拡大!

スマホでマル得情報

自分が使っているスマートフォンとインターネット回線を同じキャリアで統一することで割引を得られる「セット割」は、毎月の通信費を節約するために今や常識だと言えるかも知れません。そんな誰もが注目する「セット割」の割引の拡大を、携帯シェアNo.1を誇るドコモが2018年2月1日より行っています。

セット割ってどのキャリアでもあるの?

まずセット割がどのキャリアでもあるのかという疑問について考えてみたいと思います。もしこれがドコモにだけ存在するということであれば、問答無用で「ドコモスマホ+ドコモ光が通信費はお得!」と言えるのですが、やはりそうはなりません。auでは「auスマートバリュー」、ソフトバンクでは「おうち割」など、おそらく一度は目にしたこと、耳にしたことがある同様のセット割サービスが存在します。

そのため、ユーザーは「キャリアに強いこだわりがなく、とにかく通信費が安い方が良い!」と考えた場合、そもそもの基本料金・割引サービス・期間限定でのキャンペーンなどさまざまな要素を加味して比較する必要があります。複雑に感じるかも知れませんが、当然ユーザー獲得のため、ユーザーにとって得する要素の集合体なので、難しく考えず楽しみながら比較するのが良いと思います。

ドコモのセット割が割引拡大

冒頭でも記載した通り、2018年2月1日よりドコモのセット割(ドコモスマホ+ドコモ光)の割引額がアップしました。アップした割引金額は「月額最大500円」。毎月大容量データ使用者とかなり限定的な条件になりますが、合計での通信費の月額割引が最大3,500円/月と、auやソフトバンクなど他社のセット割を上回る金額を打ち出しています。

適用となるセット割はウルトラパック

実際に今回割引額が拡大されるサービスはドコモのセット割の中でも「ウルトラパック」が対象となります。ウルトラパックとは毎月のデータ使用可能容量が20GB以上の大容量データサービスのことです。

実際には、家族で容量をシェアして使う「ウルトラシェアパック」、個人で利用する「ウルトラデータパック」、ビジネス用に3,000GBまでシェアして利用出来る「ウルトラビジネスシェアパック」があります。しかし個人向けのウルトラデータLパックでさえ月々のデータ利用量は20GB〜と、今回の割引拡大の恩恵を受けられる人は少ないのかも知れません。

もちろん逆に言えばそれだけキャリアが、スマホでの大容量データ利用をするユーザーの獲得に力を入れているということでもあり、スマホの利用時間の長くなる現代のライフスタイルの変化を先読みしていると言えると思います。

たかが500円、されど500円?

大容量使用が前提な上に割引額が最大500円アップと聞くと、現在実際にドコモのウルトラパックを利用中の方でなくとも「たった500円?しかも500円以下の場合もあるんでしょ?」と少しネガティブな印象を持つかも知れません。なぜなら、例えば家族で使うウルトラシェアパックの中で、最も容量の少ない30Gのプランでさえ月額利用料は12,300円です。

12,300円から500円と考えると、比率で考えるとせいぜい4%安くなった程度です。消費税にも満たないじゃ無いかと思うかも知れません。しかし500円は年間で考えると6,000円です。6,000円あればできることはかなり多いのではないでしょうか?

使い道がすぐに思いつかなくてもインターネットが実質1ヶ月以上無料で使えるのと同等と考えるとお得さが見えてくると思います。

新規サービスではなく割引額がアップするだけ!

今回のサービスの大きな特長だと言えるのが「新規サービスではない」ということです。何が違うのかと言うと、例えばドコモを含め多数のキャリアで頻繁に行われるキャンペーンは、当然申し込みが必要であったり、ユーザーがキャンペーン情報をキャッチして能動的に手続きを行う必要があります。

しかし今回のサービスは既存の割引がアップするだけです。つまり「すでに対象のユーザーには自動的に適用される」し「新規ユーザーにとっても特別に手続きが増えるわけではない」ということになります。これってユーザーにとってメリット以外の何物でもないですよね。

まとめ

2018年2月1日よりドコモでは大容量データ利用者を対象に、毎月のセット割での割引額を最大500円引き上げています。これによりドコモは最大割引額で、他の大手キャリアを上回る状況となりました。

しかし割引額ではなく実際の通信費は?と考えると、例えばそもそも基本料金の差や格安スマホの台頭など、単純な割引額で通信費の損得を判断することはできません。まずは「大容量データ通信を毎月スマホで行うのならドコモの割引が大きいな」くらい客観的に捉え、自身のライフスタイルに合ったサービスの中から、最善なスマホ・回線を楽しみながら探していただければと思います。