auひかりのテレビを申し込む前に注意するべきこと

ネットの豆知識

auひかりのテレビサービスですが、キャッシュバックの適用条件にもなっていることが多いために加入を考える人は多いと思います。

今回は、そんなauひかりのテレビについて、他社サービスと比較しながら紹介していきます。

サービスの概要

そもそもauひかりのテレビサービスがどのようなサービスなのか、よくわかってない人も多いかと思います。

auひかりのテレビサービスを利用するためには、auひかりを契約しなくてはいけません。そして、気になる月額料金ですが、契約するチャンネルやプランによって変わってきます。ちなみに、このauひかりのテレビを契約したとしても地デジを観ることはできません。

プラン名 月額料金 説明
プラチナセレクトパック 1,980円 映画やアニメ、スポーツ、ドラマなどバラエティに富んだ42チャンネルが見放題
ミュージックセレクトパック 634円 スペースシャワーTVやMTVといった全4チャンネルの音楽番組が見放題
プレミアムチャンネル 1,000円〜 観たい物を個別に選んで選択

公式サイトでチャンネルを確認する

テレビサービスを利用するにはセットトップボックスが必要に

テレビサービスを利用するためには、プランを契約するだけでは観ることができません。テレビサービスを視聴するために、セットトップボックスという機器をレンタルする必要があります。レンタル料金は、月額500円になります。

地デジでは、とくに料金は発生しないので、イメージできないかもしれませんが、有料のテレビサービスは基本的にチャンネルごとに課金されます。auひかりで利用できるチャンネルは、数十種類ありますが、最も安いチャンネルとして音楽チャンネル4つがセットになったミュージックセレクトパックが月額634円です。

例えば、auひかりでテレビサービスを契約した場合、ミュージックセレクトパックを選ぶと、月額料金として合計1,134円(ミュージックセレクトパック634円 + セットトップボックスレンタル料500円)がかかってきます。

選ぶプランやチャンネルによって月額料金が変わるというのは、こういうことです。

プラチナセレクトパックはお得!

auひかりのテレビサービスは、ミュージックチャンネル以外にも「プラチナセレクトパック」と「プレミアムチャンネル」があります。

プラチナセレクトパックだとチャンネル数が42と多くあり色々なジャンルのものを視聴できるのでコスパがいいです。プレミアムチャンネルの場合は、個別で契約するようなイメージなので、映画やスポーツしか観ないと決め打ちならばお得になります。ただし、チャンネルを複数登録してしまいますと、その分月額料金が上がってしまいます。

例をだすと映画のスターチャンネル(月額2,300円)とスポーツのJ SPORTS 4(月額1,300円)」の2つを契約したとします。セットトップボックスの500円と合わせると月額4,100円となります。

そう考えますと、とくにこだわりがないのであれば、プラチナセレクトパックを選ぶようにしたほうが1,980で42チャンネルを選ぶことができますのでお得です。

スカパーと比べるとどうか

知名度や導入しているご家庭も多いスカパーですが、このスカパーと比べるとauひかりのテレビサービスはどうなんでしょうか。スカパーとauひかりテレビサービスのプラン表です。

スカパー

プラン名 月額料金 説明
基本プラン 3,888円 11ジャンル・50チャンネル見放題
セレクト5 1,980円 48チャンネルの中から5チャンネル選択
チャンネル契約 401円~ 観たい物を個別に選んで選択

auひかりテレビ

プラン名 月額料金 説明
プラチナセレクトパック 1,980円 8ジャンル・42チャンネル見放題
ミュージックセレクトパック 634円 音楽ジャンルの4チャンネルが見放題
プレミアムチャンネル 1,000円〜 観たい物を個別に選んで選択

ちなみに、スカパーを導入するために、上記の月額料金以外に初期工事費(アンテナ設置工事)が発生します。基本的に工事費として、1万円くらいの費用が発生します。

こだわりがなければスカパーよりauひかりがお得に

チャンネルが違ってきますので単純に比較することは難しくありますが、チャンネルに特別なこだわりがないのであれば、スカパーの新基本パックよりもauひかりのプラチナセレクトパックの方が月額料金も安くお得です。観たいチャンネルが決まっていて、それだけ観たい場合にはスカパーの方がチャンネル数が多いのでおすすめです。

基本的にauのプラチナセレクトパックであれば、人気のジャンルをほぼ網羅していますので、auひかりてれびの方がお得です。

地デジが観れないのがデメリット

auひかりのテレビですが、地デジを観ることができません。地デジを観るためには、UHFのアンテナで観るか他のサービスを契約する必要があります。

地デジがそもそも届くのであれば問題ありませんが、そうでない場合は、ケーブルテレビや他のテレビサービスを契約する必要があります。これは最大のデメリットですね。

地デジを観たい場合には、フレッツ光系のサービスを検討するのもひとつの手になります。フレッツのひかりTVやフレッツテレビであれば地デジを観ることができます。

まとめ

こだわりがある場合には、スカパーといった有料チャンネルにはチャンネル数では勝てません。ですが、特にこだわりがなく、色々な番組を観たいという場合には、auひかりのテレビサービスはとても良いサービスだと思います。

また、auひかりのテレビサービスを利用するためには、auひかりと契約する必要があります。もし、まだ契約していない場合は、下記におすすめのauひかりの代理店を紹介しておきます。auひかりを代理店経由で契約すると高額のキャッシュバックを貰うことができます。

サービス内容は、どこで申し込んでも変わりませんが、キャッシュバックは代理店でしか貰えません。サービスが同じなら、キャッシュバックをより多くもらえたほうが嬉しいですよね。

この機会にauひかりやテレビサービスを検討してみてください。

auひかりキャッシュバックランキング
1
代理店名:25(トゥエンティーファイブ)
キャッシュバック

最大:35,000

auひかり25
キャッシュバックポイント
  • 2年継続利用の約束で高額キャッシュバック
  • 受取りは最短で11ヶ月前後に支払い
2
代理店名:フルコミット
キャッシュバック

最大:25,000

auひかりフルコミット
キャッシュバックポイント
  • 1年継続利用の約束で高額キャッシュバック
  • 受取りは最短で2ヶ月後
3
代理店名:NEXT(ネクスト)
キャッシュバック

最大:25,000

auひかりNEXT(ネクスト)
キャッシュバックポイント
  • オプション加入条件はなしでキャッシュバック
  • 受取りは最短で2ヶ月後